留学生の方へ

アルバイトの時間を守っているか?授業の出席率は?

  在留状況不良の場合は一旦本国に戻り、採用が社に呼び寄せてもらう。

 資格外活動許可を得ていたとしても、時間を大幅に超えている場合は、授業への出席率が低い場合は在留状況不良とみなされます。退去強制などの処分を受けていなくとも、就労ビザへの在留資格変更許可申請において消極的に斟酌されますので、不許可になる可能性が高いです。この場合は内定した会社があるのでしたら、一旦在留カード を返納したうえで本国に戻り、在留資格認定証明書交付申請で採用会社から呼び寄せてもらうことをお勧めします。

資格外活動許可
会社を辞めた場合

 退職証明書を貰っておく

 就職した会社を理由があって退職した場合は、再就職先での就労資格証明書交付申請に備えて、退職会社から退職証明書を貰っておきましょう。

就労資格証明書

 在留できるのは2か月間

 会社を退職し、「技術・人文知識・国際業務」に応じた活動をせず、2ヶ月を超えて日本に在留してはいけません。再就職は2か月以内にしてください。就職活動が上手くいかず2か月を超えて在留する場合は就職活動をした証拠(ハローワークの求職申込書や転職サイトのエントリーシートなど)を残しておきましょう。

在留カード/就労



06-6948-6396 電話相談無料!!

スマホの方は番号をクリック!

外国人雇用・就労ビザ申請をお考えの方無料でご質問にお答えします。

このページの先頭へ