就労ビザの申請手続きQ&A

Q:入国管理局での就労ビザ申請をするにあたって 、理由書の提出を求められています。どのようなことを記載すればよいのでしょうか?

A:外国人を採用し、入国管理局にて就労ビザ申請の添付書類に理由書が必要です。通常は採用する会社が書く採用理由書だけを添付しますが、申請する外国人の日本語が堪能であれば、能力を証明するためにも申請人の就職理由書も提出すればよいでしょう。

採用理由書のポイント

  • 会社の概要・・・業務内容や売上高、部門毎の比率など
  • 海外との取引状況・・・ない場合でも将来の見込みや事業計画など
  • 申請人を知った経緯・・・紹介者がいるのか、取引先の社員だったとか
  • ネイティブ言語の必要性・・・翻訳、通訳業務の場合
  • スキルや資格の必要請・・・エンジニア、プログラマーの場合
  • 評価した能力・・・実務経験や大学で学んだ内容など
  • 既存社員の状況状・・・外国人でないとできない業務なのかなど
  • 募集理由・・・新規事業を始めたとか、それまでの担当者が辞めたなど

就職理由書のポイント

  • 応募の経緯・・・紹介者や求人広告、会社とのつながりなど
  • 活かせるかせるスキル・・・日本語検定やプログラミングなど学んだ内容
  • スキルのある理由・・・資格や卒業学科、実務経験など
  • 日本で暮らしたい理由・・・日本文化に興味があることなど
  • 予定業務・・・どの部署でどのような取引先を相手にするのか
  • 海外での業務・・・母国に出張する予定があるのかなど

※例え申請人に学歴があったとしても、理由書の内容から予定業務に専門性がなく単純労働をさせるとみなされれば審査は厳しくなされます。矛盾のない理由書作成ためには専門家に依頼することをお勧めします。

就労ビザの申請手続きサポートへ戻る

06-6948-6396 電話相談無料!!

↑スマホの方は番号をクリック!

外国人雇用・就労ビザ申請をお考えの方無料でご質問にお答えします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ