就労ビザの申請手続きQ&A

Q:就労ビザの更新が不許可になりました。これからどのような流れになるのですか?

A:就労ビザの在留期間の更新を適当と認めるに足りる相当の理由があると認められないとして、更新を不許可となった場合については、まず、入国管理局にでむいて不許可の理由について説明を受けます。現勤務先での業務に従事する活動の内容が就労ビザの活動に該当(例:業務は人文科学の分野に属する知識を必要とするものとは認められず)しないのであれば、在留期限に日数がある場合は、就労ビザの更新が許可される会社に転職し、再度、入国管理局へ在留期間更新申請をお勧めします。既に在留期間を超えて、特例期間で在留しているいる場合は、出国準備の期間をもうけるために、在留資格を「特定活動」に変更します。「特定活動」の新たな在留期限までに、日本での転職先を見つけ、日本出国後に採用された会社が代理人となりら、在留資格認定証明書交付申請をして、交付されれば日本戻ってくることも可能です。

就労ビザの申請手続きサポートへ戻る

06-6948-6396 電話相談無料!!

↑スマホの方は番号をクリック!

外国人雇用・就労ビザ申請をお考えの方無料でご質問にお答えします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ