就労ビザの申請手続きQ&A

Q:留学生として日本に来て、現在は「技術・人文知識・国際業務」の在留資格で在留している者です。日本に来てもうすぐ10年になりますので永住ビザを取れますか?

:就労ビザで在留する外国人にとって、永住許可申請をする要件として「引き続き10年以上本邦に在留していること。ただし,この期間のうち,就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留していることを要する。」とあります。従って、相談者様が日本にきて10年経過しても、就労ビザでの在留期間が五年以上なければ要件を満たしたことになりません。就職してから五年を待って、永住許可申請をしましょう。

永住可申請提出書類

  • 申請書
  • 写真(縦4cm×横3cm)
  • 申請人を含む家族全員(世帯)の住民票
  • 在職証明書
  • 住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)
  • 身元保証書
  • 身元保証人に係る次の資料 (職業を証明する資料、直近(過去1年分)の所得証明書)
  • パスポート 提示
  • 在留カード 提示

 尚、申請時点の在留期間は「3年」以上でなければなりません。

就労ビザの申請手続きサポートへ戻る

06-6948-6396 電話相談無料!!

↑スマホの方は番号をクリック!

外国人雇用・就労ビザ申請をお考えの方無料でご質問にお答えします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ